技術士・農業部門・植物保護

【令和元年度技術士第二次試験(農業部門・植物保護)の合格者が発表されました】

9名の技術士(農業部門・植物保護)が誕生しました

令和2年3月6日に令和元年度技術士第二次試験(農業部門・植物保護)の合格者が発表されました。次の9名の方が合格されました(ご氏名は令和2年3月6日付官報掲載順です)。合格者総数は計142名となりました。

久保 周子 さんは千葉県農林総合研究センターに所属、日本植物病理学会会員です。

日本植物病理学会、日本応用動物昆虫学会、日本農薬学会、日本雑草学会、植物化学調節学会は、技術士・農業部門・植物保護の社会での活躍について、積極的に取り組んでいます。令和2年度も多くの技術士・農業部門・植物保護の誕生を期待しています。

【技術士対応委員会からのお知らせ】

  1. 令和2年度の技術士第一次試験は令和2年10月11日(日)に行われる予定です。また、技術士第二次試験(総合技術監理部門を除く技術部門)の筆記試験は、当初の予定日から令和2年9月22日(火)に延期されております。なお、今後も「日程及び感染防止対策について変更する場合がある」とのことで、詳細は日本技術士会のホームページをご覧ください。
  2. 日本植物病理学会では大会の折に「技術士試験対策セミナー」を開催しております。2019年の大会でも第一次試験対策(ランチョンセミナー)と第二次試験対策の二部構成でセミナーを開催しました。
  3. 日本植物病理学会会員の方は、関連学会の大会で開催されるセミナーに無料で参加することができます。それぞれの開催地のお近くの方、日本植物病理学会大会にご都合が合わない方はぜひご参加下さい。来年にかけて行われます様々なイベントにつきましては、開催の形式などまだはっきりしないところかと思いますが、関連学会のホームページ等ご確認の上、よろしくお願い申し上げます。
  4. 病理学会では、これまでに開催したセミナーの資料を会員限定で配布させていただいております。ご希望の方は、学会事務局までご連絡ください。

【内容】

技術士制度は、文部科学省が所管する資格認定制度です。技術士は、技術士法に基づいて行われる国家試験に合格し、登録した人に与えられる名称独占の資格で、科学技術に関する高度な専門知識、豊かな実務経験、高い技術者倫理を有する優れた技術者です。科学技術創造立国を目指す我が国では、技術士に大きな期待が寄せられています。

【(参考)平成25年~30年度合格者】

平成30年度合格者

平成29年度合格者

平成28年度合格者

平成27年度合格者

平成26年度合格者

平成25年度合格者

【問い合わせ先】

日本植物病理学会 技術士対応委員会
E-mail :

【リンク】

日本技術士会