受賞等

渡邊 健氏の「平成30年度農業技術功労者表彰」受賞について

本会会員の茨城県農業総合センター農業研究所長 渡邊 健氏が、「平成30年度農業技術功労者表彰(農林水産省農林水産技術会議会長賞)」を受賞しました。業績名は「難防除土壌病害の環境保全型防除技術の開発」です。平成30年12月14日に表彰式が行われました。農業技術功労者表彰は、農業その他関連産業に関する研究開発の一層の発展及び農業技術者の意欲向上に資するため、農業技術の研究若しくは普及指導又は農業経営関係の研究若しくは改善指導に顕著な功績があった者に対して授与されます。
表彰式の様子 「平成30年度農業技術功労者表彰」受賞者
写真(左):表彰式の様子、写真(右):「平成30年度農業技術功労者表彰」受賞者

岩舘 康哉氏の平成30年度(第14回)「若手農林水産研究者表彰」受賞について

本会会員の岩手県農業研究センター環境部病理昆虫研究室主査専門研究員 岩舘 康哉氏が、平成30年度(第14回)「若手農林水産研究者表彰(農林水産技術会議会長賞)」を受賞しました。業績名は「キュウリホモプシス根腐病の総合防除対策の確立」です。平成30年11月21日に表彰式が行われました。若手農林水産研究者表彰は、農林水産業及び関連産業に関する研究開発の一層の発展及び研究開発に従事する若手研究者の研究意欲の一層の向上を図るため、優れた功績をあげた若手研究者又は将来の技術革新等につながる優れた研究業績を挙げた若手研究者に対して授与されます。
表彰式の様子 「平成30年度農業技術功労者表彰」受賞者
写真(左):表彰式の様子 右から小林芳雄農林水産技術会議会長、岩舘康哉氏、写真(右):平成30年度(第14回)「若手農林水産研究者表彰」受賞者

名誉会員・露無慎二氏のISPP フェロー受賞について

名誉会員の露無慎二氏がICPP2018におきまして、ISPP(International Society for Plant Pathology)フェローを受賞されました。ISPPの評議員会は同氏の植物病原細菌の感染機構に関する分子生物学的研究における優れた成果による植物病理学への学術的貢献とISPP、アジア植物病理学会、日本植物病理学会に対する多大な貢献に対して、ISPPフェローの称号授与を決定し、2018年8月3日に授与式が行われました(関連記事→学会ニュース第84号)。
授与式の様子
写真:授与式の様子 右からISPP 現会長Greg Johnson 博士、露無氏、ISPP 次期会長Jan Leach 博士

日本学士院賞

東京大学教授 難波成任氏が日本学士院賞を受賞されました。日本学士院賞は明治43年に創設され100年以上の歴史を誇り、学術上特に顕著な研究業績に対して与えられる賞であり、ノーベル賞受賞者が多数名を連ねる我が国で最も権威ある学術賞のひとつです。

米国微生物学アカデミー会員 AAM Fellow

東京大学教授 難波成任氏が、米国微生物学アカデミーの会員に選出されました。2015年6月2日の第115回米国微生物学会において、セレモニーが執り行われました。

米国植物病理学会賞 APS Fellow

本学会会員・白石友紀氏(現 岡山生物科学研究所所長)が、2014年、米国ミネアポリス市で開催された「米国・カナダ合同植物病理学会」において、米国植物病理学会賞 APS Fellow を受賞されました。
受賞式のもよう
写真:受賞された白石友紀氏

受章等

瑞宝中綬章

永年会員の荒井 啓氏が、平成30年春の瑞宝中綬章を受章されました。

名誉会員の道家紀志氏が、平成27年春の瑞宝中綬章を受章されました。

鳥取大学名誉教授甲元啓介氏が、平成25年秋の瑞宝中綬章を受章されました。

日本植物調節剤研究協会理事(元九州農業試験場長)小川奎氏が、平成25年秋の瑞宝中綬章を受章されました。

※瑞宝中綬章は「公務等に長年にわたり従事し、成績を挙げた方」に授与されます。

瑞宝小綬章

永年会員の比留木 忠治氏が、平成30年春の瑞宝小綬章を受章されました。

名誉会員の近畿大学名誉教授 大内成志氏が、平成25年秋の瑞宝小綬章を受章されました。

※瑞宝小綬章は「公務等に長年にわたり従事し、成績を挙げた方」に授与されます。

紫綬褒章

東京大学教授 難波成任氏が、平成25年秋の紫綬褒章を受章されました。
受章された難波成任氏を囲む研究室の方々
写真:受章された難波成任氏を囲む研究室の方々

※紫綬褒章は「学術芸術上の発明改良創作に関し事績著明なる者」に授与されます。

※本欄で紹介している内容は、原則として日本植物病理学会報の本会記事または学会ニュース記事を元に作成しております。ご意見、ご助言等につきましては、までお願いいたします。